除菌消臭

「ブーツは好きだけどにおいが悩みの種……」
と悩む人は少なくありません。

ロングブーツはファスナーを全開にしておくといいでしょう。
日をおいて靴を休ませてからはくようにしましょう。

通気性の悪いブーツの中では、汗の水分が逃げないため、
じっとりした温かい足の裏で、雑菌が繁殖して
帰宅したらブーツの中に除菌消臭スプレーを使い、

におい防止には、足を清潔にしたり、
同じブーツを毎日はくと、湿気が乾燥しないので、
におい始めるのです。

さらに、ブーツのメンテナンスも大切です。

ブーツをはく前に消臭スプレーを使うのは当然ですが、
風通しの良いところにおいておきます。
ブーツがにおう理由は、足の裏の汗です。
ミネトンカ モカシン

吸湿・消臭効果のある中敷きを入れるのもイイですね。
足の裏は両足で1日にコップ1杯分の汗をかくのだとか。

湿気とり

一般的な革のブーツなら、着古したTシャツなどが楽ちんです。
ツヤ出しクリーム類も市販されていますが、
他には、いつものケアも大切です。

ブーティ

湿気とりにもなって便利です。
ブーツキーパーを使うといいでしょう。

家に帰ってブーツを脱いだら、最初に布で汚れを軽く落としましょう。
5、6回はいたら1度使用すればOKです。
できれば買った直後に、耐汚性・耐水性アップ用に

スエードやムートンの場合は、専用のブラシを使うといいでしょう。
ポイントは「汚れを落とすこと」と「湿気をとること」!

購入したブーツ、どうせなら長く良い状態ではきたいですよね。
ロングブーツの場合、型が崩れないように、
それから、立てておきます。
無ければソックスに新聞紙を詰めたものを入れても、
専用のスプレーをかけておくと、結構違いますよ。

トップスの丈

目がいくデザインもいいですね。

また、ニットや折り返しなどで、はき口の周りに
意外と合わせるのが面倒なんですよね。

こういったブーツは足元に目がいくので、
最近、人気上昇中のショートブーツ。

足首がほっそりと見えます。
ウエスト位置を高く見せないと、ブーツと組みあわせた時に

ボトムスやタイツをブーツと同じ色にすることです。
どちらかというと作りがごついタイプのブーツは話が違います。
けれども、ワークブーツやムートンブーツなどの

あえてはき口にゆったり感のあるタイプを選ぶことで、
なるべく足首にフィットしたものがいいです。

脚をすらっと見せるコーディネイトとしては、
ところで、ショートブーツって、大根足に見えることも多くて

脚が短く見えてしまうので、気をつけてください。
第一に、はき口にゆとりの少ない、
ロングスカートをはく場合は、トップスの丈は短くして、

モカシン

革やエナメル

スキニーなどの定番のコーデのほかにも、
フォークロア調のスエードブーツなど、

ショートブーツには、革やエナメルのブーツのほかにも、
しかも、ロングブーツと比較してお値段が手頃で
ショートブーツは脱いだりはいたりが楽ですし、

ブリジットバーキン ブーティー

手に入れやすいのも人気のポイントです。
ショートブーツの人気がアップしています。
ブーツの中がふわふわの羊毛でくるまれるムートンブーツや、
いろいろな素材やデザインがあります。

しかも、マニッシュなワークブーツや、ヒールのカラーが違うものなど、
女の子っぽいスカートや流行りのマキシとの組み合わせもOKです。

デザインや色がいろいろ選べるショートブーツの特権です。
最近は、ブーツと言うとロングブーツよりも
自分に似合うショートブーツを見つけてください。

相性もバツグン

MINNE TONKA ミネトンカ モカシン

その他、ホットパンツや短めのワンピースなどで
ブーティーでチャレンジしてみるのもイイですね♪?

ブーティーの丈の短さをおしゃれにはくには、
数年前にヒットして、現在では定番のブーツになりました。
ショートブーツよりも丈の短い、くるぶし丈ののブーティー。

足の出るファッションとの相性もバツグンです。
レギンスのコーデがぴったりです。
また、ロングパンツと組み合わせる場合、

間からのぞく素足が、足をスタイル良く見せてくれます。
Vカットが深いタイプなら、足先をキレイに見せます。

さっとはけて、多くのコーデに使えるため、
寒い季節には難しい足見せファッションを

パンプスとブーツの中間のようなブーティーは
オールシーズンはけるのが便利ですね。

すらっと長い足

ミネトンカ

ニーハイブーツよりさらに長い、ももに届くブーツを、

足首を過ぎて、ふくらはぎの中ほどのタイプを「ミドルブーツ」、 「アンクルブーツ」と言ったりもします。

ニーハイブーツは、すらっと長い足に見える効果が高く、 ブーツはレングスの違いで名称が変化します。 ひざ下までの丈のものを「ロングブーツ」と呼びます。

ショートパンツなどと組み合わせるとピッタリです。

足首くらいの丈のブーツは、「ショートブーツ」と言います。 大体これくらいまでが一般的なブーツかと思われます。

膝上まで丈のあるブーツを、「ニーハイブーツ」と言います。 これは日本だけの話で、英語では「オーバーニー」が正しいそうです。

一番ショートなのが、足首が出るタイプのブーツで「ブーティー」です。 「サイハイブーツ」と言います。

痩せられる靴

  1. ここ数年履いているだけで痩せられる靴が売り出されていますよね。 一般の靴より筋肉が多く使われるので、特に足など下半身に効くようです。 姿勢もきれいになるそうで、既にポピュラーとなっています。

    最も初めに注目されたせいか、最も知られているのは リーボックのイージートーンです。 少々ワイズが狭いという意見もあるし、歩くために使うものですから、 きっちりと実際に試し履きをしてから購入したほうがベターだと思います。

    その他、様々なメーカーから似たような機能を謳った靴が売り出されています。 イージートンは見るからにウォーキングシューズという感じのいかつい見た目なので、 それを避けたい方は違うものを購入することもよくあるのだとか。 それにしても、量販店などで並べられている価格が圧倒的に安いものは やめたほうがいいような気がします。

サラッとコーデのプラスできますよね

首元のおしゃれテクとして、
ストールを取り入れている方、
結構たくさん見ますよね☆

肌を露わにする時期には、
肌寒い時の寒さ対策にも使えるし一石二鳥!

シンプルなコーデの時の
上級者テクとして、
ストールって結構大きい仕事を果たしてくれます。

それだけで、
なんだかとてもおしゃれに見えちゃうし☆

ストールなら、
普段では手が出せない派手なデザインのものでも
サラッとコーデのプラスできますよね。
シャーベットカラーは他の色と合わせやすく、
何色かで重ねたり、柄物とのコンビネーションにも
向いています。

Rady ミルフィーユビキニ
チョット違ったスタイルをアレンジしたい時に、
ぜひぜひやってみてほしいアイテムです。

Rady ミルフィーユビキニ

夏らしいサンダルと合わせるのると、さわやかで涼しげなイメージ

昨シーズンから続いて、今年も人気が高いのが
マキシ丈のワンピースです。

マキシなら、1枚でも決まるコーデ無しでもパワーがありますが、
夏のそで無しののマキシなら、
透け素材のニットやシフォンのカーデなどとの
合わせるのが今年のトレンドです。

春から続く流行色ののシャーベットカラー以外に、
エスニックなデザインやデニムなども流行になりそうです。

すそが足首まであるマキシを着る場合は、
足元のオシャレも必要です。
夏らしいサンダルと合わせるのると、
さわやかで涼しげなイメージになります。

その場合、ワンピースが柄物でデザインが目立つものなら、
サンダルはあまりごちゃごちゃしていないものを、
反対にワンピースがシンプルなものなら、
ビーズや天然石が目立つ個性の強いものを
合わせるのもイイですね。

 

近ごろ、デニム人気が高いようです。

今年の春は、カラーデニムや花柄などの柄ものが注目されましたが、
まだまだその人気も好調のようです。

さらに夏本番になるにつれ、クロップドパンツなどの、
七分丈のデニムが選ぶ人が増えてきますが、
シャーベットカラーや白などのカラーデニムにすれば、
見た感じも涼やかで、はやりのスタイルを意識できるでしょう。

ルーズなラインの大き目Tシャツや
ひらひらとしたプルオーバー、
レース使いのタンクトップなどと
組みセットにすると、今年風です。

Tシャツは1枚でもインパクトのある
大きなロゴやプリントのものが人気のようですね。

他に、デニムのシャツワンピースも人気で、
ひざ下からマキシ丈まで、ロング丈が
多いようです。

薄めの色を選ぶと、見た目もすっきりとして
さわやかに着ることができるでしょう。